おすすめ記事夫が転勤しなければならない場合

結婚生活を左右する女性の決断

パートで働くという決断

空いた時間で簡単に働きたいならパート

自分に合う働き方に変えてみよう

パートという選択肢

女性が結婚後や出産後、あるいは育児中にも続けられる仕事の選択肢としてはパートも挙げられるでしょう。正社員と異なるので雇用の安定性などの面や賞与の問題などもありますが、正社員のように責任の重い仕事や時間も拘束される仕事を任されることは無いので家事や育児との両立が行いやすいのです。
育児中、特に子どもが幼稚園や小学校低学年の間はとても忙しい毎日が続いてしまい、サポートが充実していなければなかなかフルタイムで働くということはできません。保育園へ預けることもできますが、送り迎えの時間が限られていますし保育園が子どもを預かってくれる時間も限られているからです。最近は女性の社会進出支援のためにこうしたことでの女性の負担を減らそうという動きも活発ですが、企業の現場レベルではなかなかそうもいきません。いくら子どものためであっても人員が不足しているような職場の場合、保育園へのお迎えなどの理由で中抜けされた際の穴は誰かが頑張って埋めてくれているので、そうしたことへの申し訳なさも感じてしまいます。
しかしパートタイムの仕事であれば同じようなパートタイマーの人、例えば学生であったり他の主婦仲間であったりがシフトに入れない分を埋めてくれますし、似たような事情を抱えている人が多いので助け合いの好循環が生まれやすいのです。

パートという選択肢

パート先の選び方

なお、どんなパート先を選んだら良いのかですが、幾つかの基準を列挙してその基準に基づいてパート先候補を採点し選ぶと良いでしょう。まずは時給の高さが重要ですが、その他にもシフトなどが自分の希望する形で組めるかどうかも重要です。いくら時給が高いパートであっても正社員並みのシフトを求められた場合、パートのメリットがまるでありません。賞与などの福利厚生の分正社員に比較して損をしているだけになってしまいます。またその他にも自宅からの通いやすさや、私服通勤や私服勤務などが可能かどうかもチェックした方が良いでしょう。スーツに着替えて化粧もバッチリしてとなると、それだけでかなりの準備時間を使ってしまいますし、通勤時間が長いのも負担になります。

おすすめのパート先

なお特におすすめのパート先ですが、職種や業界に限らず主婦の方を積極募集している求人がありますのでそうした求人は狙い目と言えるでしょう。そのような求人の場合、職場の方も主婦特有の事情を考慮してくれるので、急な子どもの発熱などによる欠席や遅刻などにも柔軟に対応してくれます。またすでに勤務していたり同時募集で採用されたりした主婦のパート仲間に出会えるかもしれません。

夫と一緒に読んでほしい記事TOP3

管理人より一言

当サイト管理人も結婚をきっかけに転職をした人間であり、女性が結婚後や出産後に働き続ける大変さを理解しています。夫の転勤や単身赴任問題、家事や育児と仕事のバランスなど、働く既婚女性には悩みが尽きませんが、当サイトがその解決のきっかけになれば幸いです。なお当サイトへのご意見やご要望などは当サイトメールフォーム宛にお送り願います。