おすすめ記事空いた時間で簡単に働きたいならパート

結婚生活を左右する女性の決断

出産に伴う悩みと決断

子どもを出産するタイミングは?

結婚後に出てくる悩みとは…

出産と育児

多くの女性にとって子どもを生み育てたいというのは本能的な欲求だと思いますが、出産や育児は結婚以上の一大プロジェクトであり、準備なしに気軽に取り組んではいけません。もちろん授かりものという側面があるので、自分たちの都合だけで完全にコントロールすることはできませんし、授かったものに対して責任を果たしていくというスタイルもあるとは思います。しかしそれでも出産と育児は家庭のことにも仕事のことにも大きな影響を与えるので、事前に可能な限りの準備や調整を行っておいた方が何かとスムーズに進みやすいでしょう。

出産と育児

タイミングの調整

最近は就職活動の就活や結婚活動の婚活に習って妊娠活動、略して「妊活」という言葉までありますが、妊活でも就活や婚活と同じく時期やスケジュールの調整が大切です。例えば夫婦のどちらか片方に一時的な異動の辞令が下ることがわかっている場合、その期間に妊娠期間や出産期間を重ねない方が良いでしょう。妊娠中は女性も何かと不安定になってしまうので、その時に夫が側にいて頼りになるかどうかの違いは大きいのです。また異動の辞令以外にも転職期間中であったり、留学中であったり自分で会社を興した起業直後というような場合も避けた方が無難かもしれません。ただ、あまりに時期を逃しすぎると身体的に子ども授かれるタイミングの問題もあるので難しいところです。

子どもの預け先や育児のこと

タイミングの調整とも関連しますが、お互いの仕事や家族の状況を踏まえて子どもが生まれた後にその育児、特に夫婦共働きの場合は仕事中に子どもを誰に預けるのかというのはとても大きな問題です。保育園という選択肢もありますが、倍率が高く落選してしまう可能性も否めません。また運良く保育園で預かってもらえることになったとしても、仕事が長引いて残業が発生してしまうような事態に備えておかなければなりません。どちらかの親が近くに住んでいて、孫の面倒を見たいと思ってくれているような場合は助かりますが、そう都合良くは行かないことの方が多いでしょう。

お互いの健康状態

また無事子どもを妊娠・出産し、育てていくためには夫婦それぞれの健康状態の維持管理もとても大切なことになります。体調の優れない状態での妊娠や出産は、母親の命にも関わりかねません。また子どもを育てていくためには両親ともに健康的であった方が望ましいと言えるでしょう。子どもが欲しいを思っているのであれば、これを機会に日頃からの健康管理としてアルコールやタバコの節制、適度な運動など取り組みやすいことから始めてみると良いでしょう。

夫と一緒に読んでほしい記事TOP3

管理人より一言

当サイト管理人も結婚をきっかけに転職をした人間であり、女性が結婚後や出産後に働き続ける大変さを理解しています。夫の転勤や単身赴任問題、家事や育児と仕事のバランスなど、働く既婚女性には悩みが尽きませんが、当サイトがその解決のきっかけになれば幸いです。なお当サイトへのご意見やご要望などは当サイトメールフォーム宛にお送り願います。