おすすめ記事比べてみて納得できる決断を

結婚生活を左右する女性の決断

派遣で働くという決断

時間の余裕を持ちつつ稼ぎたいなら派遣

自分に合う働き方に変えてみよう

派遣という選択肢

結婚してすぐに寿退社をするという人は今の時代にほとんどいないでしょうが、それでも妊娠をきっかけに退職をするという人はまだまだ大勢いると思います。ただ現在のように不安定な時代に夫の収入だけに頼って生活をしていくという計画は、色々とリスクも大きいと言えるでしょう。もし今は夫の収入が多いので専業主婦になっても大丈夫だとしても、急な環境変化によって夫の収入が減少したり急に失職してしまったりするかもしれません。また、人間は生き物である以上病気や事故などのリスクを0にすることもできません。それに夫の収入に頼り切ってしまった場合、もしいつか今の夫と離婚したいと思ってしまった時にその決断をできなくなってしまうかもしれません。人生の安定や自由を重視するのであれば、女性は結婚後や出産後にも仕事を続けた方が良いのです。
ただそうは言っても独身の頃や子どもがいない頃のように時間に融通がきくわけではありません。そのためどうしても正社員の仕事を継続することは困難だという場合もあるでしょう。仕事をする時間的な余裕はあっても夫に転勤の辞令がおりてしまい、でも単身赴任による別居はしたく無いという場合もあると思います。そしてそうした時に検討して欲しい選択肢が派遣として働いてキャリアを重ねるということです。

派遣という選択肢

時間の融通が利きやすい

派遣で働くことの一番のメリットは何と言っても時間の融通が利き、家事の空き時間を活かした効率的な収入アップや、子どもの就学時間のみの仕事なども可能になることです。基本的に派遣の仕事はほとんどが時給制であり、勤務時間も契約形態によってフルタイム以外の働き方が用意されているからです。これは企業にとってもメリットが大きく、フルタイムで活躍してくれる総合職以外にルーチン化された仕事を時短勤務で良いのでこなしてくれる人材へのニーズがあります。

収入やキャリア上のデメリット

ただ派遣社員としてキャリアを重ねていく場合はフルタイムで働く場合に比べて収入は減ってしまうことが多いので注意しましょう。特殊な技能を持っている方などは派遣になっても収入を落とさない場合もありますが、残念ながらそうした方は例外的な存在と言えます。また完全に離職してしまう場合よりはずっと良いとは言え、フルタイムの正社員を継続してきた方に比べるとキャリアの上でも不利な点は否めません。派遣社員として働くことで空白期間を埋めれば育児が落ち着いたタイミングで正社員復帰も可能ですが、出世を目指す場合はその期間分不利なところもあるでしょう。

夫と一緒に読んでほしい記事TOP3

管理人より一言

当サイト管理人も結婚をきっかけに転職をした人間であり、女性が結婚後や出産後に働き続ける大変さを理解しています。夫の転勤や単身赴任問題、家事や育児と仕事のバランスなど、働く既婚女性には悩みが尽きませんが、当サイトがその解決のきっかけになれば幸いです。なお当サイトへのご意見やご要望などは当サイトメールフォーム宛にお送り願います。